中日 吉見一起さんが木下拓のリードに苦言『木下は優しすぎる』『インコースにいけ!』

今日のDeNA戦、CBCラジオ『ドラゴンズスペシャル』で解説を務めた吉見一起さんが、木下拓のリードに苦言を呈しました。

6回表、谷元が先頭の佐野にホームランを浴びる

スポンサーリンク

(3回表二死3塁、梅津が佐野にデッドボール)

吉見さん:今のデッドボールは、捉えようによってはナイスデッドボールですね、僕からすると。

若狭アナ:え?どういうことですか?

吉見さん:カードの頭に、ああいうボールがいくと、もしかしたら佐野選手が2試合目、3試合目にもう踏み込めないかもしれないので、良いふうに捉えていくべきだなと思います。

(カードの)頭に投げるピッチャーって、それも使命なんですよ。僕はそうやって教えられてきたので、若い時に。

頭に投げる時は、そういうこともしなくちゃいけない。自分だけじゃなくて、次に投げるピッチャーのためにも投げなくてはいけないと、僕は教えられたので。まあ、痛いデッドボールですけど、今後に活きるんじゃないかと。

『当てろ』っていうわけではないんですけど、やはり起こすというんですかね、バッターを。そういうのが大切だって言われましたね。


(1点ビハインドの6回表、先頭の佐野が打席に入る。投手は梅津から谷元へ交代)
若狭アナ:梅津が先ほどデッドボールを当てたのが佐野ということで、この打席がどう効いているのかも注目です。

吉見さん:僕ならもっとインコースにいきますね。当てないですけど、『まだ来るか?』って。

昔、ジャイアンツの坂本選手と対戦した時に、キャッチャーと『どうリードする?』って話があって、『打たれるまでインコースにいこう』って言ったんですよ。7回表までひたすら、4打席ですね。インコースにいって、最後の4打席目にインコースを1塁線に2塁打を打たれて、次の阿部さんにタイムリーを打たれて1-0で負けました。

(初球、2球目ともにアウトコースの直球でカウント1-1。3球目も木下拓のミットはアウトコース低め。谷元のが投げたフォークは真ん中に入り、佐野にホームランを浴びる)

吉見さん:打った佐野選手は『もうインコースはないだろう』って感じですね、(初球の)入りから見ると。それを狙って打てた4番、さすがですね。

やっぱり、さっき言いましたけど、もっと(インコースに)いくべきじゃないかと。(木下は)優しいリードでしたね。


(8回表、橋本が2球目のアウトコースの直球を佐野に打たれる)

吉見さん:さっきと同じことを言うんですけど、これは配球ミスですね。『もうインコースにいけ!』って話なんですよ僕から言わしたら。あれだけ気持ちよく打たれているんだったら。

初球の抜けたスライダーに(佐野が)起きましたよね。もっといくべきなんですよ。優しすぎるんですよね木下が。これは配球ミスです、完全なる。

若狭アナ:梅津のデッドボールの時に、これをポジティブに考えた方がいいぞ、という話がありました。

吉見さん:(佐野は)内にいったから、もう内はないと思っているはずなんで。もう1回いくんですよ、あそこで。

若狭アナ:ピッチングコーチ、監督、キャッチャー、誰に『1戦目に投げる先発ピッチャーは内を突くんだ』と(吉見さんは)言われたんですか?

吉見さん:これは森さんです。森さんから教えてもらいました。あと、試合が終わった次の日に『なんでインコースにいかないんだ?』って言われます。『1試合目に投げさせている意味を解ってるのか?』と言われたことがあって。

(その時は)解んないんですよ正直。でも、そういうことを理解してからは、インコースのサインが出た時とかは、もちろん当てないんですけど、その付近に投げるということも自分の仕事なんだなってことを気付かせてもらいました。

打つ方では12試合連続安打と絶好調の木下拓。盗塁阻止率もリーグトップの.412。これでリードが良かったら完璧なキャッチャーなのにな。

谷繁さんが昨日の山田への配球&村上勝負に疑問『インサイドのストレートをここでいくかなあ』
昨日のヤクルト戦、序盤から中日ペースでしたが、5回ウラに同点に追いつかれました。東海ラジオで解説を務...
中日 石橋が好リードも8回に交代|井端弘和さん『代える必要はなかった』『非常にいいリード』
3年目の石橋康太が今季初のスタメンマスク。強気のリードで勝野の2勝目をアシストしました。 東海ラジ...
タイトルとURLをコピーしました