中日 昨日の3回ウラ 大野にバントさせなかったベンチを井端弘和さんが疑問視

昨日の阪神戦、東海ラジオ『ガッツナイター』の解説を務めた井端弘和さんが、3回ウラ一死2塁の場面で、大野雄大に送りバントをさせなかった中日ベンチの采配に疑問を呈しました。

スポンサーリンク

(阪神1点リードの3回ウラ一死2塁、大野雄は初球ヒッティングでファール)

── ここは送る気配がありませんね。

井端さん:やっぱり3塁に進めた方が大島選手にとっては楽なのかなと思います。内野安打もありますし、向こうはバットに当てられたら嫌だと思うので。

(3球目のボール球を見送ってカウント2-1)
井端さん:二死2塁になると、(阪神は)大島選手と京田選手を天秤にかけて、大島選手には厳しい攻めにもなると思います。二死3塁なら(大島選手と)勝負になると思います。歩かされて1・3塁になると一二塁間が空きますし、スチールもあるのでショートも守りに入れないのでヒットコースが増えます。3塁に進めた方が良かったかなと思います。

(結局、大野はセンターフライに倒れて二死2塁となる)
井端さん:(大野がヒットを)打つ確率よりかは確実に3塁にね。やっぱりピッチャーに引っ張ってセカンドゴロやファーストゴロを打てという方が難しいと思うので、まして西投手にはシュートがありますので。(西は)その辺も分かったうえでシュートを連投してました。

(二死2塁で大島が打席に入る)

井端さん:外野もそんなに下がってませんね。若干前にいます。

(大島がサードへのファールフライに倒れて3アウト)

井端さん:ランナー2塁なので大島選手は思いっきり振りにいっちゃいましたね。本来はミートしにいくバッターなので、三遊間にちょこっと、レフト前に打って、ランナーが3塁にいれば1点入りますし、内野にもプレッシャーを与えられたんじゃないかなと思います。

(阪神1点リードの6回ウラ無死1塁、バッター大野雄の場面)
井端さん:ここは確実にバントですね。

(4球目まではバントをしにいっていたが、5球目はヒッティングで空振り三振)

井端さん:今のはやっぱりバントをしにいかないとダメだと思います。やるべきことはやりにいかないとね。今のはギャンブルに見えてしまいます。(バントを)失敗すればしょうがないです。

3回ウラは、次の打者が足が速くミートがうまい大島選手だから、送って二死3塁にしたほうが点が入る確率が上がるし、相手にプレッシャーを与えることもできる。勉強になります。

井端さん、来年はドラゴンズのユニフォームを着てください。

タイトルとURLをコピーしました