谷繁さんが昨日の山田への配球&村上勝負に疑問『インサイドのストレートをここでいくかなあ』

昨日のヤクルト戦、序盤から中日ペースでしたが、5回ウラに同点に追いつかれました。東海ラジオで解説を務めた谷繁元信さんの中日バッテリーに対するコメントを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

(3点リードの5回ウラ1死から西田に内野安打、山崎に2塁打を打たれて一死2・3塁)

谷繁さん:西田は、せっかく変化球でタイミングをずらしながらカウントを取った(カウント0-2)んですけど、不用意にストレートをいって打たれたり。今(山崎)も1ボールからストレートをいって打たれたり、何かここにきてもったいないですね、この2人のバッターは。

── 決め球をなかなか投げ切れていないという・・・

谷繁さん:いや、決め球って言うよりも、たぶん打ち取ろうとは思っていないボールを打たれているという感じですね。だから、もったいないですね、このヒット2本はね。

(一死2・3塁、中村を0-2と追い込みながらボール球3つでカウント3-2)
谷繁さん:バッテリーがどう考えているかですね。三振を取ろうとしすぎてるように僕には見えます。窮屈になってしまってます。ゴロを打たそうと簡単に考えればいいんですけどね。3点差あるので、次の1点はしょうがないです。

(中村のショートゴロの間にヤクルトが1点を返し2点差)
谷繁さん:松葉の投球スタイルから言うと、犠牲フライじゃなくてゴロでアウトを取って、2アウト・ランナーセカンドを作っていくということです。ここまで来ましたから、最後に山田を何とか打ち取りたいですね。

(二死2塁から山田に2塁打を打たれて1点差となる)

── 谷繁さんも思わず渋い表情になりました。

谷繁さん:インサイドのストレートをここでいくかなあと思ってね。インサイドに構えた瞬間にちょっと嫌な予感はしたんですけど。もうパターン的に何かさっきの中村といっしょなんですよね。1ボール2ストライクから、ある程度予測されてるんですよ。もったいないですね。

(最後のインコースのボールは)完璧にボール球で使うっていうのなら、いいのかなあって気はするんですけど、ある程度は山田の中では予測していたボールでしたから、うまく反応されましたね。言おうと思ったんですけど、ここは泥臭く外の落ちるボールで、(山田が)振るまでそれでいいんじゃないかという気はしてたんですけど・・・。もったいなかったですね。

(松葉から鈴木に交代。二死2塁で村上を迎える)
谷繁さん:ここは無理に勝負する必要はないと思います。1塁が空いてますし、次のサンタナが気持ちが悪いんですけど、対戦数が少ないのでね。確率から考えると、まあサンタナの方がいいのかなあという気はしますね。

(4球目のストレートが決まってカウント2-2)
谷繁さん:ここで欲を出さないことですね。臭い所で、まあ打ち取れたらラッキーみたいな、それくらいの所に投げた方がいいですね。

(5球目の内角のカットボールをファール)
谷繁さん:今のも、きれいに打ち取ろうとするから最終的にインサイドのストレートなんですよ。そこの使い分けをもうちょっとしてほしいですね木下には。ここは、きれいにいく場面じゃないんですよ。

(7球目の外角のボールをセンター前に打たれて同点)

谷繁さん:きれいに抑えようとするから、ここでアウトを取ろうとするから、こういうふうになるんですね。バッテリーに任せるのか、それともベンチから指示が出るのかで違ってくるはずなんですけどね。もったいないですね、この2点は。

(続くサンタナの打席)
谷繁さん:まだ、どこの球を打つのか分からないバッターですから、気持ち悪いのは分かるんですけど、村上とサンタナって考えると、サンタナと勝負で良かったと思います。鈴木との対戦もないわけですからね。初対戦の球筋が分からないピッチャーを打つのは大変ですからね。

(サンタナは空振り三振で3アウト)

このあと、6回に谷元、7回に藤嶋が今季初失点。これで防御率0.00の中日の投手は橋本とA.マルティネスの2人だけになりました。なんで2打席連続ツーベースの村上と勝負したのかな?それに村上は左でサンタナは右。また勝てた試合を落とした感がいなめない。

タイトルとURLをコピーしました