中日 石橋が好リードも8回に交代|井端弘和さん『代える必要はなかった』『非常にいいリード』

3年目の石橋康太が今季初のスタメンマスク。強気のリードで勝野の2勝目をアシストしました。
東海ラジオ『ガッツナイター』で解説を務めた井端弘和さんも『非常にいいリード』と石橋を評価しました。

スポンサーリンク

(中日5点リードの8回ウラ、ピッチャーが勝野から又吉に、キャッチャーは石橋から木下拓に交代)

井端さん:この点差で(石橋を)代える必要はなかったのかなと思うんですよ。今日は石橋選手にやっぱり最後までいってほしいなって思います。非常にいいリードしてましたし、自分で最後までいって、試合を終わらせるっていう喜びを味わわせても良かったのかなとは思いますね。まだ5点差ありますので。これが接戦とか同点なら交代でもいいと思いますけど。

── シーズン序盤の中での、リードを取っているゲームですので、経験や糧となるためにも1試合を締めくくるということも大事かもしれませんね?

井端さん:そうですね。勝野投手だけの(石橋の)スタメンなのかな?というふうに思ってしまいます。非常にいいリードしてたので、明日とかも続けていいのかなとは思います。

木下捕手だと、ちょっとセオリー通り、オーソドックスで単調になることも目立ちましたので、その辺で石橋捕手のリードっていうのは強気で、いける時は続けましたし、良かったんじゃないかなと思います。

── 明日も試合がありますので、配球面で変化をつける・・・

井端さん:まあ、それもあると思うんですけど、やっぱりレギュラーとしてであれば、最後までいって苦しみを味わわないといけないと思います。ここのところ(リードが)ちょっと単調になるところもありましたので、今日の石橋捕手は若さが前面に出てよかったと思います。


(試合終了後のヒーローインタビュー)
勝野
課題にしていたインコースの真っ直ぐを今日はしっかり投げ切れたので、それが一番手応えがあったと思います。

── 勝野もヒーローインタビューの中でも触れていましたが、ポイントにインコースの真っ直ぐを挙げていましたね。

井端さん:そうですね。投げ切れたと思いますし、ある程度詰まらせたっていうところでは自身にしていいかなと思います。バッターは詰まらされたら、ものすごく意識しますので、外角の変化球とか、3回り目ぐらいに変化球中心になっても、なかなか手を出せませんでしたので、非常にいい攻めだったです。その中には石橋捕手のリードもあったと思いますので、これからも、たまにはって言うか、どんどん使っていってほしいなと思います。

── 石橋が高卒、勝野が社会人出身で、年齢は違えど同じ3年目。このコンビが結果をもたらしたので、(このコンビを)また見られるかもしれない、そんなこの石橋捕手のリードでもあったということですね。

井端さん:次は最後まで、9回までいってほしいなと思います。点差も点差だったので、次はそういうふうにしてほしいなと思います。

今日の勝野:7回 87球 2安打 1HR 2三振 2四球 1失点 自責1

勝野 投球結果
1回
神里 左飛
宮﨑 遊ゴロ
オースティン 三直
2回
佐野 三ゴロ
中飛
ソト 中飛
3回
柴田 二ゴロ
戸柱 二ゴロ
入江 四球
神里 二ゴロ
4回
宮﨑 中飛
オースティン 遊ゴロ
佐野 四球
空三振
5回
ソト 遊飛
柴田 左飛
戸柱 二ゴロ
6回
山下 二ゴロ
神里 見三振
宮﨑 二ゴロ
7回
オースティン 左中本①
佐野 右飛
右飛
ソト 中2

※石橋が牽制で二塁走者のソトを刺して3アウトチェンジ

これで勝野は先発投手2勝目一番乗りです。(リリーフでは鈴木博志が2勝)

タイトルとURLをコピーしました