首位阪神は先制すれば11戦全勝 我らがドラゴンズは?12球団の先制時勝敗一覧

なんか今年の阪神は強いですね。5カード終了して貯金7。なんでも、先制した試合は11戦全勝らしい。ではドラゴンズは?他球団もいっしょに調べてみました。

2021年4月3日 タマスタ筑後

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2021年 先制試合勝敗表(4月11日終了時)

セ・リーグ
チーム 勝敗
阪神 11勝0敗0分
広島 5勝2敗0分
巨人 4勝2敗1分
中日 3勝3敗1分
ヤクルト 3勝1敗2分
DeNA 2勝2敗1分

中日は14試合のうち半分の7試合で先制点を挙げましたが、勝ったのは3回だけ。3勝のうち、先制後に逆転されるも再逆転して勝った試合が1つ(阪神戦)あるので、いわゆる『先制逃げ切り』は2回しかありません。

ちなみに、阪神の11勝は全て先制逃げ切りです。中日のチーム防御率は阪神と同じなんだから、中日も7勝0敗くらいしててもおかしくないはず。まあ、同じ『先制』でも、たぶん点差が明らかに違うのでしょう。なんせ、ここまでの得点が阪神65(15試合)、中日36(14試合)ですから。阪神は多少追い上げられても逆転まではされないのでしょう。

パ・リーグ
チーム 勝敗
楽天 9勝0敗1分
ソフトバンク 6勝0敗1分
西武 7勝1敗1分
ロッテ 5勝2敗1分
オリックス 4勝2敗2分
日本ハム 1勝1敗0分

楽天とソフトバンクの2チームが先制すれば負けなしです。

日本ハムは先制すること自体が少なく、14試合で先制したのは2回だけ。

やっぱり、先制点は大事ですね。ちなみに去年の中日は先制したら45勝13敗4分でした。

中日 先制7試合詳細

2021年3月27日 マツダ●
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4
広島 1 0 0 2 0 1 0 0 X 4 7

先発:柳
初回にビシエドの適時打で先制するも、直後に田中の同点ソロ、4回に鈴木誠と坂倉の連続適時打で勝ち越される。

2021年4月1日 バンテリンドーム●
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
巨人 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 8
中日 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4

先発:松葉
梶谷の落球で先制するも、6回に岡本の適時2塁打で逆転される。

2021年4月2日 京セラドーム○
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
中日 0 1 0 0 0 0 0 3 2 6 12
阪神 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 6

先発:福谷
藤浪のボークで先制するも、そのウラに悪送球が続いて3失点。8回に木下拓と大島の適時打が飛び出して逆転勝利。

2021年4月7日 バンテリンドーム○
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
DeNA 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 10
中日 0 2 0 0 1 0 0 0 X 3 4

先発:勝野
宮崎の悪送球で2点先制し、根尾の適時打で追加点。6人のリレーで逃げ切り快勝。

2021年4月8日 バンテリンドーム●
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
DeNA 0 0 0 0 0 2 0 0 3 5 8
中日 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 9

先発:松葉
木下拓の内野ゴロの間に1点を先制。牧の2ランで逆転されるが、直後に代打福留の適時打で同点に追いつくも、9回にエラーが絡んで3失点し逆転負け。

2021年4月10日 バンテリンドーム△
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
ヤクルト 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 8
中日 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 10

先発:柳
初回に山田のエラーで1点を先制。村上の2ランで逆転されたが、阿部の適時打で追いついて引き分け。10安打、しかも相手が2失策で2点のみ。勝てた試合。

2021年4月11日 バンテリンドーム○
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6
中日 0 0 1 0 0 1 0 0 X 2 8

昨日の試合です。福田の適時2塁打で先制。木下拓のソロで追加点を挙げ1点差で勝利。8回ウラの無死一二塁のチャンスで点が入ってたら、もう少し楽に逃げ切れたでしょう。3者連続空振り三振とは(/ω\)

こうして見ると、先制した直後に点を取られたり、先制しても追加点がなかなか取れずに逆転されることが多いみたい。

それと、この7試合の先制点の内容が変というか何というか・・・。7試合のうち適時打で先制したのは2回だけ。他に内野ゴロの間が1回。残り4回は全て相手のミスによるもの。

梶谷の落球(●逆転負け)
藤浪のボーク(○逆転勝ち)
宮崎の悪送球(○逃げ切り勝ち)
山田のファンブル(△引き分け)

まさにタナボタ。何か見えない力が働いている?
それにしても、相手のミスがなければ、もっと負けていたでしょう。こういう先制の仕方だとベンチが盛り上がらず、なかなか追加点が取れないのかな?
明日からは、タイムリーやホームランでスカッと先制、そして追加点を取って、最後に鉄壁のリリーフ陣で逃げ切り。こういうゲームをたくさん見たいっす。昨日もそういう感じのゲームだったけど、最後にヒヤヒヤしなくて済むように、もっと追加点をよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました