現状の中日・根尾昂を森野将彦さんはどう見てる?今日のヤクルト戦でのコメントを紹介

今日のヤクルト戦、Jスポーツ2の中継で解説を務めた森野将彦さんが根尾のバッティングに言及しました。

2021年4月11日  バンテリンドーム
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 H
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6
中日 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
スポンサーリンク

── 根尾に掴んでほしいことは?

森野さん:強く振るのもそうなんですけど、まずは確実性です。自分が打てるボールをしっかりスイングしにいく。シンプルにやってほしいです。
三振が多いのは仕方ないです。初球を見逃してしまって最後にボール球を振って三振というのもありますし、振りすぎて振りすぎて最後に見逃し三振というのもあります。根尾はどういう選手なのかって言うと、やっぱりバットを振る選手なので、空振り三振は仕方ないです。その中でボール球を少しでも見逃せるようにしていけばなと思います。

(7回ウラ根尾の第3打席。カウント1-2からの4球目をファール)
森野さん:立ち遅れてますね。ピッチャーが始動する時に根尾の右足がまだ動かない。クイック気味に投げるので、それに何とか合わせなきゃいけないんですけど、4球投げられてもまだ合ってませんね。

投手:今野

森野さん:足を上げてから降ろすまでが、だいぶ忙しいです。手がトップの位置に入らないです。なので距離が取れない。距離のないところからバットを出すと、どうしてもボールに入られて弱い打球になったり、空振りしたり、手も出ないという状況になります。やっぱり始動というものは大事です。

1軍の打席に入れるのは限られた人間です。そういう選手になるためにも、いろんなピッチャーに対してしっかりタイミングを取る。これも技術です。レギュラーは、いろんなピッチャーのタイミングに合わせなきゃいけない。そういうものに長けている選手がレギュラーになっていますので、もっと勉強しなきゃいけないです。

始動が遅い選手は確率が悪いです。スコアラーが必ず『この投手はクイックで投げるから気をつけろよ』と言ってくれるのですが、それを聞いてても自分でそれを表現できないというのは技術不足です。そういうのを勉強しながら根尾君や滝野君には頑張ってほしいです。

ここまで12試合に出場し、打率.143 35打数 5安打 5四死球 2打点 12三振(空振り9、見逃し3)

根尾昂 最近5試合の成績
日付 対戦T 打数 安打 HR 打点 三振 四死 打席結果
4/6 DeNA 3 1 0 0 1 0 投ゴロ、空三振、二安
4/7 DeNA 3 1 0 1 0 0 三失、中安、三ゴロ
4/8 DeNA 3 0 0 0 1 0 一ゴロ、左飛、空三振
4/10 ヤクルト 2 0 0 0 1 1 左飛、見三振、四球
4/11 ヤクルト 2 0 0 0 1 1 四球、二ゴロ、空三振
タイトルとURLをコピーしました