井端弘和さんが中日打線に言及『福留を見習ってほしい』『振らないとヒットは生まれない』

昨日放送の『プロ野球ニュース』(フジテレビONE)に出演した井端弘和さんが、ヤクルト戦での中日打線に言及されました。

スポンサーリンク

(6回ウラ2死二塁、バッター根尾。カウント2-0から真ん中高めの直球を見逃して2-1)

井端さん:ボール2からのストレートです。やっぱりここはスイングしていかないといけないですね。(見送ったため次の)ボール球に手を出してしまってます。

(フルカウントから四球を選んで出塁)
井端さん:よく見たな、ってところはあるんですけど、2ボールからのストレートをスイングしていたら、もしかしたらタイムリーになっていたのかなと思います。

(続く代打福留が初球を打ってライト前ヒット。チャンスを広げる)

井端さん:ほとんどのバッターがチャンスで初球から手を出していない中で、代打で出てきて振れるのは、さすがだなあと思います。他の選手も見習ってほしいです。

(2死満塁で大島。カウント2-0からインコースの直球を見送って2-1)
井端さん:ここも2ボールなんですけど、どうしても四球狙いに見えてしまいます。打ちにいく姿勢が見えません。

(カウント2-2から外のスライダーを見逃し三振)

井端さん:(4球目の)ストレートも見逃して、スライダーにも手が出なかったですから、やっぱり振っていかないことにはヒットというものは生まれないです。

(7回ウラ1死二塁でバッター福田。カウント1-0から直球を見逃して1-1)

井端さん:これもほとんど甘いボールだと思います。外野も前進してますので長打を打てるボールだったと思いますが、(それに)手を出さなくて、追い込まれてからストライクからボールになる球(7球目の低めのフォーク)に手を出してますので、なかなか結果としては表れてこないと思います。(福田はキャッチャーフライに倒れる)

(この試合を振り返って)

── この試合で気になったところは?

井端さん:やっぱり中日打線です。チャンスでは初球に一番甘い球が来ます。6回からヤクルトの外野に前進守備を敷かせるというのは、ドラゴンズの中継ぎ投手がいいのか、(打球が)外野を越せないと思っているのかだと思います。チャンスで初球からいけたのは福留選手の6回の1本だけです。やっぱりバットを振らないと結果は出ないので、勇気を振り絞っていってほしいなと思います。福留選手の姿勢を他の選手はマネしてほしいです。チャンスで初球から積極的にいくというのは福留選手しかできてないです。

恐れずに振り抜け Woh Woh Woh♪

タイトルとURLをコピーしました