ソフトバンクが中日に2敗1分『まさか』福岡メディアの反応まとめ&達川光男さんの予言的中

ソフトバンクが中日に1勝もできず。この3連戦の結果を地元福岡のメディアはどう捉えている?

福岡で放送された情報番組のスポーツコーナーの内容を要約して紹介します。

【初戦:ソフトバンク 0-2 中日】

◆KBC九州朝日放送『アサデス。』(平日朝放送)

女性アナ:昨日からホークスが得意とする交流戦が2年ぶりに始まりました。強力ホークス打線の前にセ・リーグトップの防御率投手が立ちはだかりました。

男性アナA:さすが、相手の中日・柳投手ですよ。

男性アナB:柳投手いいピッチャーですね。

男性アナA:宮崎出身、子供の頃は大のホークスファン。(柳投手は)こう言ってます。『日本一のチームで、いい選手と対戦すると燃えます』。燃えさせたんです、ホークス打線が。

スポンサーリンク

【2戦目:ソフトバンク 3-4 中日】

◆KBC九州朝日放送『アサデス。』(平日朝放送)

女性アナ:東浜投手が今シーズン初登板でした。打線の援護もあったんですが、試合は苦しい展開となりました。

男性アナB:『おっと!』って感じですね。

女性アナ:追いついたんですけどね~、逆転負けとなってしまいました。

男性アナA:野手の方も何とか東浜投手を援護しようと先制点を取ったんですが・・・。

女性アナ:そうですね~、悔しいですね。さて、今日もバンテリンドームで試合が行われます。今日の先発は23日ぶりの先発、笠谷投手。この嫌な流れをストップさせてほしい。

男性アナA:『バンテリンドーム』なので、ちょっとこう何か(体に)違和感があったらすぐにサポーターとか(笑)

男性アナB:あるとないとじゃ大違いですね。

ゲストの男性:名古屋の街が沸いてんじゃないかと思います。天下のソフトバンクに連勝ですからね。

男性アナB:たぶんそうでしょうね。

男性アナA:今日はそうはいかないぞ!

女性アナ:今日は勝ってほしいです!

 

◆TNCテレビ西日本『ももち浜S特報ライブ』(平日夕方放送)

男性アナA:7回ウラ終了後、ドラゴンズのマスコット『ドアラ』によるバク転タイム!ひねりを加えた宙返りが失敗に終わると、流れは一気にホークスへ~!

その直後、ランナーを1人置いてバッターは柳田~!

いった~!レフトスタンドへ運ぶ10号2ランで同点だ!

ところがそのウラ、4番手の泉が痛恨の一発を浴び、これが決勝点。ホークスは2013年以来8年ぶりの交流戦連敗スタートです。

連敗スタートにはなりましたが、ギータに逆方向の一発が出ました。順位も首位をキープしてますから大丈夫です。ここからです。今日勝ちます。

(今日の試合の)速報行きましょう。先発は笠谷投手です。

男性アナA:さあ、今日は勝ちますよ!3点リードしてますから。

男性アナB:素晴らしい!(拍手)

女性アナ:わ~、いいですね~。(拍手)

男性アナA:あとは笠谷投手、ナイスピッチング期待しています。

 

【3戦目:ソフトバンク 3-3 中日】

◆FBS福岡放送『バリはやッ!ZIP!』(平日朝放送)

男性アナ:連敗で迎えた中日との3戦目、序盤はものすごく良かったんです~。

守るホークスは笠谷がおよそ3週間ぶりの先発マウンド。ところが4回、ノーアウトから連続フォアボールを与えると。この日、許した2本目のヒットが同点の3ランホームラン。

8回、中日がチャンスを作り、バッターは44歳福留!

万事休す、3連敗か~?と思いきやファール。結局このまま試合は引き分け。ホークス、交流戦初白星とはなりませんでした。

ホークスは得意の交流戦が開幕して3試合勝利がないです。16度目の交流戦にして球団史上初となる残念な記録なんです。まさかの交流戦となっています。今日からPayPayドームで巨人との3連戦です!

 

◆KBC九州朝日放送『アサデス。』(平日朝放送)

男性アナA:リリーフ登板が続いていた笠谷が今月4日以来の先発。

4回、連続フォアボールで2塁1塁のピンチ。コントロールに苦しむ笠谷の甘く入ったボールを捉えられ同点。この回1つのアウトも取れず無念の降板となります。

同点で迎えた8回、前の試合に決勝ホームランを浴びた泉が登板。2アウトからの連続フォアボールで一打勝ち越しのピンチを背負うと、対するは代打・福留。

この日は踏ん張った泉。3連敗は阻止したものの交流戦初勝利はお預けとなりました。

男性アナA:まさかですよ。

男性アナB:交流戦前のオリックス戦は2試合で14得点だったんですけど、中日戦3試合は6得点と、さすが12球団トップの防御率ですね中日はね。

男性アナA:守り切られたなあって感じですね。

男性アナB:いつものホークスだと先制して追加点があって中継ぎ陣で逃げ切ると。この3戦は見慣れない展開がね、という印象がありましたね。

男性アナA:さあ今日は石川投手先発でジャイアンツ3連戦です。

男性アナB:日本シリーズを思い出しますね。

男性アナA:いいイメージしかありませんので我々には。今日からまた連勝を!

 

◆TNCテレビ西日本『ももち浜S特報ライブ』(平日夕方放送)

男性アナ:4回、2者連続フォアボールの後、痛恨の一発を浴び同点に追いつかれてしまいます。笠谷はここで無念の降板。

この後、お互いのリリーフ陣が踏ん張って引き分け。ホークス、交流戦初勝利はお預けとなりました。

予想外の苦戦。しかし、この結果を予言していた人物が!

(交流戦前のインタビュー)
達川光男さん:最初のドラゴンズ戦、私はズバリ1勝2敗だと思います。DHもないですし、柳の調子がすこぶるいいんで。今、防御率1位なんですよ。ドラゴンズとジャイアンツが目をむき出してくると思うんですよ。

男性アナA:正直、私は信じておりませんでした。この場をお借りしてお詫びします。ほぼ予想通りでしたね。

以上、福岡からお伝えしました。

タイトルとURLをコピーしました